調剤薬局に再就職するための薬剤師の求人探し

店舗の求人貼り紙に飛びつく前に求人サイトを覗いてみる

結婚して子供を生むことになったときにもともと働いていた病院を辞めることにしました。
病院勤務と子育てを並行するのは難しいと考えたからですが、病院勤務も体力的に大変になっていたのでちょうど良い機会だと考えたのも本当の話です。
さすがに30歳にもなって夜勤をするのは厳しく、家事をするのも大変に感じていた頃でした。
薬剤師として働くことにも随分満足したので、そのまま後は主婦として過ごそうかとも考えていましたが、いざ仕事を辞めてしまうと少し寂しい気もしました。
子育てが始まるとそれも忘れていたものの、少し落ち着いて生活できるようになると再び働きたい衝動に駆られるようになったのです。
しかし、病院勤務をするのは厳しいとはわかっていたので、調剤薬局の求人を探すことにしました。
病院よりは勤務条件が厳しくないだろうと考えていたからです。
幸い、近隣にはいくつも調剤薬局があったので通うのはそれほど難しくないところに職場を見つけられるだろうというのはわかっていました。
求人もいつも店舗にも張ってあったのでそれを見て応募をすれば良いと考えていたものの、その前に一度比較をしてみようと求人サイトを見ることにしたのは先人の知恵があったからです。
主婦になってから大学時代の同期と会う機会が増えたので、そのときに薬剤師向けのサイトを見ると良いというアドバイスを受けていました。
だからすぐに店舗の張り紙には飛びつかずに比較することができたのです。

店舗の求人貼り紙に飛びつく前に求人サイトを覗いてみる | まずはパートで復職することに | 努力家の店長の下で正社員に